兼六園 三芳庵


「三芳庵」の由来
 三芳庵は、兼六園が一般開放された翌年の明治8年に、お隣にある前田家の茶室・夕顔亭を管理する為の『本館』とすぐ前の瓢池の畔に浮かぶ『水亭』、そして瓢池に落ちる翠滝の上に建つ『別荘』(現在はありません)の三つの庵を持つことから『三芳庵』と名付けられました。

夕顔亭(左)と本館(右)

瓢池と水亭

三芳庵は創業以来、皇族の方々をはじめ、多くの著名人にお越しいただいた由緒ある場所でもあり、また地元の方はもとより金沢を旅する多くの人々から愛され親しまれている老舗料亭です。

瓢池周辺
 三芳庵の周辺はまるで深山幽谷を思わせるような、草木鬱蒼と生い茂り、夏でも涼しく静かな場所で、瓢池に落ちる滝音だけが聴こえる兼六園六勝の中でも『蒼古の境』、『幽邃の世界』が広がっています
 兼六園六勝 (宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望)
 蒼古(古びて趣きがある)
 幽邃(静かで奥深い)

水亭・瓢池・翠滝


翠滝

翠滝と海石塔

 紀州郡知の滝を模して作られたものといわれており、眺めはまるで玉簾を掛けた様であります。
 滝壷がなくこの水音を出す為に、二代藩主利長から十一代藩主治脩に至る間に6回も作り直され、1774年に夕顔亭と共に完成しました。

 代々の藩主が夕顔亭の中でこの滝音を聴きながら一服のお茶を楽しまれた風情が思い浮かぶようです。


瓢池
 池の中ほどがくびれており瓢箪の形をしているのでその名が付いたといわれています。
 もともとここには藩政時代以前より池や沼があり、蓮の花が植えられていたことから「蓮池庭」と呼ばれており、兼六園の作庭はこの一帯より始められました。

 池の中州には海石塔とその傍らには名物の一つ、祇園枝垂桜があり、春には美しい花を咲かせます。

紅葉の中の瓢池

 桜が終わると滝の上から楓が繁り枝を垂らし、藤の花や楓のみどりを池畔に映して美しく、まさに幽邃の景が広がります。
 また池畔の楓は十一代藩主治脩公が遠く竜田・高尾・小倉山などより取り寄せ、京都の嵐山を模して植えられたもので、秋には美しい紅葉が錦織りなします。

三芳庵別荘

三芳庵別荘

 高浜虚子が「ほろほろと 落葉こぼるる 閑古鳥」と詠じている三芳庵別荘はちょうど翠滝の上に建っていました。今から約250年前の藩政時代のものといわれています。大正天皇や紀宮様をはじめ皇族の方々もお見えになられています。
 大正十三年には、文豪・芥川龍之介が友人の室生犀星の招きで別荘に滞在し、大変感銘を受けたそうです。

 〜 僕今犀星先生の世話にて兼六公園の中の三よしと申す御茶屋に居り、豪奢をきはめ居り候・・・(中略)
 屋を繞って老扶疎、樹間に瓢池を臨み、茶室の外には滝のある次第、風流おん察し下され度候 〜 友人宛の手紙より

 そんな由緒ある別荘ですが老朽化により
平成二十年六月に、惜しまれながら長い歴史に幕を下ろしました。



おしらせ

       2014/9/26
    秋のライトアップ「三芳庵特別料理」ご    予約承ります     

    2013/10/8
    「本館お 二階席」が椅子席になりました